薬液供給装置や半導体洗浄装置の導入関しての流れ

お問い合わせからの流れ・
よくあるご質問

JAPAN BLUEへお問い合わせいただいてからの流れ

京都府宇治市のJAPAN BLUE株式会社では、主力製品として薬液供給装置や半導体洗浄装置を製造・販売しています。新規導入の場合は、既成品の販売にとどまらず、フルオーダーメイド・セミオーダーメイドに対応し、独自仕様を採用する半導体メーカー様などへ納入しております。また、既成品のカスタマイズによる仕様・機能変更装置の修理・メンテナンスも得意としております。ご相談先のなくなった他社製品にも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。ここでは、当社へお問い合わせいただいてから、製品納入までの流れをご紹介いたします。

当社サービスの流れ

STEP 1.
お問い合わせ

薬液供給装置・半導体洗浄装置などについてのご相談、ご発注、お見積もり依頼は、お電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください。

STEP 2.
ヒアリング・現地調査

お客様を訪問し、ヒアリングや現地調査を行います。装置の仕様目的・必要な機能、ご要望などを丁寧にお聞きいたします。現地調査では、装置設置スペースや工場の現状など把握、採寸を行います。カスタマイズをご希望の場合は、現在お使いの装置の型式や状態を確認させていただきます。

STEP 3.
ご提案・お見積もり

仕様のご説明・ご提案を行い、同時にお見積もりを提出いたします。お客様のご要望を満たし、当社のノウハウを詰め込んだ提案、ユーザビリティを意識したご提案が得意です。

STEP 4.
ご契約

仕様の提案やお見積もりの内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。

STEP 5.
設計

お客様がご納得された仕様に基づき、装置の設計を行います。

STEP 6.
加工・組み立て・カスタマイズ・改造・修理・メンテナンス

躯体と多数の部品を、仕様に合わせて作ります。材質や加工方法から選定し、お客様のニーズに合った製品作りをいたします。基本的には、樹脂加工品、金属加工品が多いですが、石英ガラス加工品、etc.…と、適材適所でさまざまな材質を採用しています。各種部品が揃ったら、組み立てを行い装置が完成します。修理の場合は、必要部品を取り寄せ、取り換え等を行います。メンテナンスの場合は、細かく既存装置の状態をチェックし、適宜部品交換などの修理を行います。他社製品への置き換えにも対応いたしますので、遠慮なくご相談ください。

STEP 7.
動作確認・納品チェック・出荷現地立ち上げ

完成した製品は社内で厳しいチェックを行います。また、搬入後の据え付け、現地での調整立ち上げを行い、納品が完了します。お客様への操作方法案内も行いますので、わからないことや気になることがあれば、遠慮なくお伝えください。

STEP 8.
アフターフォロー

納品後に不具合などが起こった場合は、すぐに当社へご連絡ください。早急に対処できるよう手配いたします。また、その後の定期メンテナンスは不可欠です。ご希望があれば対応いたしますので、お気軽にお申し付けください。

薬液供給装置・半導体洗浄装置 よくあるご質問

JAPAN BLUEに寄せられる「よくあるご質問」にQ&A形式でお答えいたします。こちらにないご質問がございましたら、お気軽にご相談ください。

Q
できるだけ安価な装置導入をしたいと思っています
そういった製品はありますか?
A
はい、もちろんです。当社では、ご予算に応じたご提案が可能です。フルオーダーメイドからセミオーダーメイドにも対応しております。セミオーダーメイドでは、既成品を仕様に合わせてカスタマイズするため、フルオーダーメイドよりも比較的安くご提供することができます。また、既成品そのままでのご購入も可能です。また、既存装置を改良してお使いいただくといった選択肢もございます。お気軽にご相談ください。
Q
装置納入までの大まかな目安を教えてください。
A
装置の仕様により納入までの期間は異なりますが、通常は、2.5~4ヶ月で完成し納品が可能です。
Q
適している用途はありますか?
A
半導体製造を主たる目的用途としています。他にも、各種センサー、MEMS、ハードディスク、ウエハ製造、LED用など用途は多岐に渡ります。こちらにご紹介していない製品にも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。