薬液供給装置や半導体洗浄装置の製造・販売するJAPAN BLUEの代表挨拶

代表挨拶

  1. HOME>
  2. 代表挨拶・スタッフ紹介

JAPAN BLUE株式会社 代表 宮崎康信 ご挨拶

京都府宇治市のJAPAN BLUE株式会社は、薬液供給装置や半導体洗浄装置といった各種装置の製造・販売を手がける企業です。自社製品のフルオーダーメイド・セミオーダーメイド改造修理・メンテナンスはもとより、ご相談さきのなくなった他社製品の改造や修理にも対応可能です。当社は仕様決定や設計から部品製造・加工、組み立て、検査まで自社で一貫して対応できる専門メーカーです。半導体に関する装置でお困りのことがあれば、なんでもお気軽にお問い合わせください。ここでは、当社代表のご挨拶とプロフィールをご紹介いたします。

染め重ねられた「藍染」のような深い色を持つ企業であるために

JAPAN BLUE株式会社は2008年創業の若い会社です。企業名のJAPAN BLUEとは、藍染めによる「藍色」のことを指します。植物「藍」によって染められた色は世界各国に存在しますが、日本には奈良時代に中国からもたらされ江戸時代以降は衣類に多く使われました。人々の生活に密着した色だったといえます。明治時代にこれを見た外国人が、日本特有の藍染めによる青を「ジャパンブルー」と称しました。自然の中から日本人が汲み出してきた青色、その鮮烈な美しさが印象的だったのでしょう。

日本の藍染めは、何度も染め重ねる毎にその独特の深く濃い色彩を生み出し、さらに染められた糸や布を丈夫にしていきます。この藍染めの特徴にあやかり、当社も年月を重ねる毎に「独自の色合いを出し、強くなり、愛される企業へ」と成長していくことを願い、「JAPAN BLUE株式会社」と名付けました。英字表記としたのは、グローバル化する社会でも通用することを考えてのことです。JAPAN BLUEは皆さまに永く愛され、頼りにされるような企業になれるよう、日々真摯に業務に取り組んでまいります。今後も発展が見込まれる半導体業界において、製造業者様のビジネスをさらなる高みへと押し上げるべく、皆さまのサポートをしてまいります。今後ともJAPAN BLUE株式会社を何卒よろしくお願いいたします。

代表取締役 宮崎 康信 ~Yasunobu Miyazaki~